自分でできるトイレのつまりの修理

トイレがつまってしまって、便器に水がどんどん増える状況を見ると不安になってしまうはずです。しかしこのようなつまりを自分で修理できる場合もあります。身近な道具を使って対処できる場合もありますから、以下で詳しく見ていきます。

■針金ハンガーを使用する

自宅に針金で出来たハンガーがあれば、ちょっとしたワイヤーブラシのような感じでつまり修理に使えます。ハンガーを棒状に伸ばして、先っぽを釣り針や輪っかのような形状に加工します。そして便器の排水口の中に入れて、上下左右に動かしてみましょう。つまりの原因となる異物がこのような動きで押し出され、クリアになるかもしれません。ペーパーが原因であれば輪っかタイプ、固形物を落としてしまったのであれば釣り針バージョンに加工するのがおすすめです。

■いざという時にはビニール袋を

どの家庭でも何枚かビニール袋があるはずです。このビニール袋がトイレのつまりの修理に活用できるかもしれません。手を袋に突っ込んで輪ゴムで手首を止めます。そしてこぶしの形にして排水口に突っ込みます。そして押したり引いたりを繰り返して、便器の中の水を動かし、その圧で異物を押し出す方式です。手を怪我しないために、軍手などをはめるとなおいいです。


■まとめ
上で紹介したように、自宅にあるものを使ってもトイレのつまりの修理は可能です。しかし配水管の奥深くに異物が引っかかっている場合、この方法では対処しきれないでしょう。その場合には水道工事業者を呼ぶべきです。ウォシュレット 水漏れなどあらゆるトラブルに対応してくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ