トイレのつまりとタンクの関係性

トイレのつまりや排水管 水漏れの原因は便器ではなくタンクというケースも少なからず見られます。水の勢いが十分でないために、流れるべきものが取り除かれず、それで排水管をふさいでしまうわけです。なぜこのようなことが起きるか、以下でまとめました。

■水流の弱まる原因

トイレ+N30タンクからの水の流れが弱いのは、内部の水位が足りないからかもしれません。もし中を見て十分に水が溜まっているようであれば、水洗時に流れが妨げられているのでしょう。水量が少ないのであれば、フロート弁が機能していないなど、内部部品の劣化が疑われます。部品の交換など、必要な修理を行えば、問題はおそらく改善するでしょう。


■流れが止まらない

水流が弱まっている症状として、常に水が少量流れているケースも見られます。その場合はどうしても勢いが弱まってしまいます。もしこのような症状に心あたりがあれば、早めに対処したほうがいいです。水が常に流れているということは、水道を使っている状態が続くことです。つまり水道料金を無駄に払っていることになります。使っていないのに水が流れている音がしている場合は要注意です。



■まとめ
水の流れが弱いと、いずれつまりを起こす可能性が大きいです。このため、早めに修理業者に作業を依頼するなどの適切な対処をした方がいいです。特に後者の水が常に流れている場合、月に数千円程度の水道料金のアップにつながりかねません。家計を圧迫しかねないので注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ