トイレのつまりの考えられる原因

トイレの水が流れない、便器の水位がどんどん上がってしまう、あふれるほどになっているなど、これらはいずれもつまりが原因で起きている症状と考えられます。対処するには、まずなぜこのような状態になったのか、その原因を特定する必要があります。

■紙を大量に流す

トイレのつまりの原因で多いのは、紙を大量に流す事例です。水に溶けやすい性質ではありますが、一度にたくさん流そうとすると密度が高まって溶けにくくなります。またティッシュペーパーを流した場合も詰まりやすくなります。トイレットペーパーと違って材質が水に溶けにくいからです。ティッシュの場合、水に1時間以上浸しても溶けないことが多いです。紙がないからといって、ティッシュで代用するのは危険ですから注意しましょう。使用した場合も便器ではなく、ごみ箱に捨てることです。

■固形物を落としてしまう

うっかり便器に固形物を落としてしまたことが原因になることも結構見られます。ボールペンや何かのボトルのキャップ、子供の場合は持っていたおもちゃなどいろいろな落し物の事例が報告されています。最近多いのは携帯電話やスマホです。胸ポケットに入れていたものが前かがみになった際に落ちてしまうというケースが増えています。スマホをもってトイレに入る人は特に注意が必要です。


■まとめ
トイレのつまりの原因はこのように流し方に問題を抱えていることがあります。紙は適度に流す、異物になるようなものを落とさないようにするなど心がけましょう。それでもつまった場合、トイレ 水漏れ修理専門の業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ