トイレのつまりの原因とレバー

トイレのトラブルの中で水の流れが弱いという悩みはありませんか?レバーをしっかり回しても水量が十分出ないと、便やトイレットペーパーが排水管の途中で止まってしまいます。その結果、つまりや排水管 水漏れを引き起こしてしまう恐れが出てきます。

■タンク内の劣化で水流が弱くなってしまうことも

水流が弱くなってしまう理由として、タンク内の部品の劣化が候補に挙げられます。例えばフロートバルブというパーツが壊れてしまうことがあります。レバーとつながっている鎖が切れてしまって、レバーを操作してもバルブがうまく持ち上がらなくなります。その結果、スムーズに水が流れません。そのほかにはボールタップの給水弁が壊れるトラブルも考えられます。するとタンク内に水が流れっぱなしになる、逆にタンク内に水が流れ込んでこないといった問題が起こりえます。

■小で流す習慣にも注意

トイレの水洗は大と小に分かれているのが一般的です。小をよく使用する人は、水道代を節約したいという意識があるかもしれません。しかし例えば女性が利用した際に大量に使うと、小で流そうとするとペーパーが管の途中で引っかかってしまう恐れがあります。これが後々のつまりの原因となる可能性もあるので、注意しなければなりません。


■まとめ
トイレのつまりで修理業者に連絡をするケースの中でも、水流の弱さが原因というパターンがしばしば見られます。流れが弱いと便やペーパーが引っかかりやすくなりますから、レバーを引いたときに十分な水量を確保できない様子が見られた時は注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ