下手につまり解消するとトイレの交換の必要が

現在はインターネットで検索すると欲しい情報を入手できます。トイレのつまりが起きた際、こちらの情報を参考にして自分で何とかしようとする人も多いでしょう。しかし誤解や誤った認識で作業したことで失敗して、かえってトイレの交換など大掛かりな作業が必要になる場合も考えられます。

■お湯で溶かす方法

もともとトイレに流せる製品をたとえば一度に大量に流したせいでつまりを起こした場合、お湯を流せばいいという話はネット上でもしばしば紹介されています。吸水性に優れたポリマーを含んだ製品のつまりの場合、有効といわれています。濃度の高い温めた食塩水を注いで対処する方法です。こうするとポリマーの内外の塩分濃度に差が生まれ、浸透力の力でポリマーに含まれていた水が出ていき体積が小さくなることで流れていってくれるという原理です。

■熱湯を使わないこと

しかし食塩を溶かしたお湯ということで、熱湯を便器に流してしまう人もいるようです。ここで用いるのは60度前後のお湯です。沸騰しているようなお湯をダイレクトに流し込むと便器は陶器でできているので、ひび割れを起こす恐れがあります。そうなるとトイレの交換が必要になってしまいかねません。



■まとめ
ネットに書かれている情報は時として役立つことがあります。しかし誤った情報が記載されていることもありますし、自分が事実誤認する恐れもあります。そこでもし自信がなければ、修理業者など専門家に作業を依頼したほうが良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ